読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【花園メリーゴーランド】ネタバレ無料

こんにちは、まりえです。
花園メリーゴーランド】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

性習俗の残る村を舞台にした本作品の

一番の見どころは、

 

性に関する習俗の数々が少年相浦の理性

を奪っていくところですね。

 

夜這いの習慣自体は世に知れていること

ですが、

 

この漫画で紹介されているのはそれよりも

濃厚な性の営みを緻密に

 

描いている所です。

 

例えば、相浦が澄子の姫はじめのシーン

を見てしまうところは、

 

普通では考えられない儀式めいたことが

生々しいまでに描かれていて、

 

また澄子自身が相浦に気がある事から物語の

複雑さを呈しているように思いおます。

 

実は、この漫画は柏木ハルコの体験談を交え

たものだとあとがきに描かれています。

 

ゆえに描写がしっかりしていて民俗資料と

しても重要な意見が連ねられるものです。

 

ですが、このような学術的な事、歴史的な

事は別にして、

 

相浦と澄子がこの性習俗の残る村について

疑問に思い、

 

理性が破たんしかけてもすがりつくように

この村と自分とを別においている所が

 

ここかしこに見られるところです。

 

相浦は性習俗に対して年頃もあってか若干惹

かれるところはあるのですが、

 

澄子を前にして性習俗の異様さをどこか怖さ

と理解している風にあります。

 

その証拠に澄子の母を抱いたことが澄子の父

に知れて、逃げ回るのですが、

 

それは父からというよりも村という空間、

性習俗という異様さから

 

自分の常識を取り戻そうともがく場面にも

見れます。

 

澄子は、相浦に姫はじめをみられてかっと

するものの、

 

彼がこの村で体験した数々の異様さを

思えば、

 

ここから逃げ出すことが先決だとして、

その逃走に

 

手を貸すようになっていきます。

 

このように、澄子自身も自分が生まれ

育った村について疑問に思うと同時に、

 

諦めていた非常識を常識からとらえ

なおそうとする姿は相浦と

 

重なる部分があると思います。

 

とにかく、性を前にしての心理描写が

かなり濃厚で、

 

それでいてその異様さを際立たせる人々

の表情というのも

 

しっかり描かれている点にこの作品の

うまさを感じますね。

 

性習俗に対して、未だにこれを肯定する

とか否定するとか意見は分かれます。

 

ですが、ありのままの性習俗を前にして

そういう肯定否定というような

 

論理は破綻してしまうのではないで

しょうかね。

 

とにかく理性と本能が行きかう、正常と

異常が交わうこの村に

 

どう反応するのかは千差万別ですから、

少しでも興味を持ったら

 

読む価値はあります。

  気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
花園メリーゴーランド】 
          で検索すると出ます